運転免許証の色

国家資格となっている自動車運転免許証は、日本では一般的に高校を卒業するときに取得する人が多い資格となります。


自動車運転免許証を取得するためには、一般的に自動車学校や合宿免許で自動車の知識と技術そして自動車に関する法律を勉強し最終的に公安委員会が管轄する試験に合格することで取得することができる免許証です。
この免許証を取得することで日本では決められた自動車を国内で運転することができるだけでなく、一般的な身分証明書として通用するものになります。


職務質問されたときの身分証明書やクレジットカードや銀行での通帳作成で必要な本人の証明書として通用するものです。
いろんな汎用性に長けているのが自動車の運転免許証となります。


運転免許証には氏名や生年月日だけでなく住所と免許証の交付年月日や運転できる車の種類ごとの資格取得年月日が記載されています。
また近年運転免許証のIC化が進むことで本籍内容の記載が空欄となったのは個人情報の観点からです。
一般的に自動車運転免許証には色で区分されています。


有効期限のところに帯状の色が施されておりこの色によって免許証の種類が分類されることになります。
運転免許証の色はゴールド、ブルーそしてグリーンの3種類に分類することができます。
この運転免許証の色は、条件等により色が異なってきます。
この色の違いは、同じ運転区分になっている免許証でも扱いが異なることになります。


この運転免許証の色について次のページから説明させていただきます。


[PICK UP]
運転免許証を取得できる自動車教習所の総合情報サイトです・・・運転免許 情報